マニュアルトランスミッション(MT)の専門メーカー アイシン・エーアイ  
アイシン・エーアイ トップへ お問い合わせ
English Site
サイトマップ
ニュースリリース 会社情報 グローバル 環境情報 調達情報 コンプライアンス 製品 生産 研究開発 品質管理
ニュースリリース News Release

TOP > ニュースリリース > 2007

プレスリリース
2007年09月25日
高容量FR用トランスファが新型ランドクルーザーに搭載されました

 アイシン・エーアイ株式会社(本社:愛知県西尾市、社長:周防雅弘)は、このほどトヨタ自動車より発売された、新型ランドクルーザー向けの高容量FR用トランスファ“TN2”の生産を開始致しました。
 トランスファとは、エンジンからトランスミッションを介して伝達された動力を、前後輪に分配する装置です。この製品は従来製品に比べ軽量、コンパクトで、かつ高トルクの伝達を実現しております。この高容量FR用トランスファは、今年2月に北米で販売を開始したタンドラにパートタイム式が搭載されております。今回の新型ランドクルーザーにはフルタイム式が搭載されました。
 この高容量FR用トランスファは、2008年度には国内、海外合わせて年間30万台規模での販売を目指しております。今後、この製品を当社トランスファの主力商品として、さらなる拡販を推進して参ります。

高容量FR用トランスファの主な特長
@High-Low切替ギヤを従来のカウンタギヤ方式から、6ピニオン遊星歯車式に変更したことなどにより、軽量、コンパクト化を実現し燃費向上に寄与します。
Aトルセンデフの採用により高いトラクション性能を確保し、4WDならではの安定感が、一段と向上しています。
B操作利便性を向上させるため、High-Lowレンジやセンターデフロックの切替を従来型のレバータイプからダイヤルスイッチタイプに変更しました。

タ イ プ
パートタイム式2WDを基本とし、必要時にのみ4WDに切り替える方式
フルタイム式常時前後輪に適切にトルクを分配し、駆動する方式

ランドクルーザーに搭載されるトランスファ
ランドクルーザーに搭載されるトランスファ


COPYRIGHT 2004 AISIN AI CO., LTD. (c) ALL RIGHTS RESERVED