マニュアルトランスミッション(MT)の専門メーカー アイシン・エーアイ  
アイシン・エーアイ トップへ お問い合わせ
English Site
サイトマップ
ニュースリリース 会社情報 グローバル 環境情報 調達情報 コンプライアンス 製品 生産 研究開発 品質管理
ニュースリリース News Release

TOP > ニュースリリース > 2009

プレスリリース
2009年01月28日
新型中容量FF用6速マニュアルトランスミッションを供給開始しました

 アイシン・エーアイ株式会社(本社:愛知県西尾市、社長:周防雅弘)の生産する新型中容量FF用6速マニュアルトランスミッション“BH6”がトヨタ自動車の欧州向け新型アベンシスに搭載されました。
 このマニュアルトランスミッションは、シフト系部品のレイアウトを刷新し、世界トップレベルのシフトフィーリングを実現するとともに、潤滑システムを最適化し高効率な動力伝達で車両燃費の向上に貢献、さらにケース分割を見直し、軽量・コンパクト化を実現しております。この製品は、昨年1月に愛知県幡豆郡吉良町に竣工しました吉良工場初の生産品目であり、最新設備を備えた製造ラインで生産しております。
 低燃費車に注目が集まる昨今、この製品が当社の主力製品として今後さまざまな車種に搭載されるよう、拡販を進めてまいります。

製 品 の 主 な 特 長
CAEによるケース形状の最適化 とシフトコントロールカバーの廃止による軽量化、2分割ケースの採用(従来は3分割ケース)によるコンパクト化を達成しました。
オイルセパレータを装着することでオイル攪拌抵抗を低減し、動力伝達効率を向上させました。
高効率シフトレイアウトにより、シフト操作力を低減し、軽快且つ滑らかなシフトフィーリングを実現しました。

アベンシスに搭載される6速MT
アベンシスに搭載される6速MT


COPYRIGHT 2004 AISIN AI CO., LTD. (c) ALL RIGHTS RESERVED