マニュアルトランスミッション(MT)の専門メーカー アイシン・エーアイ  
アイシン・エーアイ トップへ お問い合わせ
English Site
サイトマップ
ニュースリリース 会社情報 グローバル 環境情報 調達情報 コンプライアンス 製品 生産 研究開発 品質管理
ニュースリリース News Release

TOP > ニュースリリース > 2011

プレスリリース
2011年06月30日
アイシン・エーアイが会社創立20周年を迎えます

 手動変速機の国内最大手、アイシン・エーアイ株式会社(本社:愛知県西尾市、社長:杉浦一道)は、2011年7月1日に会社創立20周年を迎えますのでお知らせ致します。
 
 同社は1991年7月にアイシン精機株式会社城山工場(当時)がマニュアルトランスミッション(手動変速機、以下 MT)専門メーカーとして独立し、8月1日に650名の従業員で営業を開始しました。当初は後輪駆動(以下 FR)用MTと動力分配装置(トランスファ、以下 T/F)を生産しておりましたが、1997年に前輪駆動(以下 FF)用MTの生産を開始。その後自社開発のFR用6速MTやFF用6速MT、高容量FR用T/Fなどの生産が順調に推移し、6月22日にはMTとT/Fの国内累計生産台数が2,000万台を達成しました。
 
 分社当時、敷地面積112,000平米、延床面積67,000平米でスタートしましたが、事業の拡大に伴い工場の増設を行ってきたほか、2000年にテクニカルセンター、2007年には本館が竣工し、2008年には本社工場に次ぐ第2の国内生産拠点として吉良工場(所在地:西尾市吉良町)が竣工し、本社地区と合わせて敷地面積305,000平米、延床面積163,000平米となりました。この間従業員数は創業当初の650名から2,066名となりました。
 海外では、1996年にアイシン精機株式会社、豊田通商株式会社との共同出資で中国に合弁会社、唐山愛信歯輪有限責任公司(中国側65%、日本側35%出資、2003年に日資100%化)を設立したほか、2002年にはタイ国に生産拠点を取得し、アイシン・エーアイ(タイランド)として操業開始しました。営業活動では、2007年に欧州事務所をアイシン・エーアイ ヨーロッパGmbHとして法人化し、中国、アセアン、欧州での営業拠点が整いました。
 
 得意先では、独立当初トヨタ自動車株式会社をはじめ国内6社、海外1社からスタートし、現在では国内11社、海外5社のメーカーへ製品を納入しています。2004年には独ポルシェ社の911カレラに搭載される6速MTの生産を開始。2010年にはトヨタ自動車株式会社 のプレミアムスポーツカー レクサスLFAに搭載される変速機の生産を始めるなどMT専門メーカーの強みを活かし、コンパクトカーから高級スポーツカー、小型トラックまで30種類に及ぶラインナップの拡充が実現しました。

 同社では、20周年記念事業の一環として西尾市民病院の医療機器充実のために、500万円の寄付をはじめ、小学校など地元関係団体への寄付を予定しています。
 
 今後もMT専門メーカーとして、世界のお客様を魅了する製品の開発、生産を通じ、豊かな社会の実現に努めてまいります。



COPYRIGHT 2004 AISIN AI CO., LTD. (c) ALL RIGHTS RESERVED